可愛く頑張るシングルマザーのための情報サイト【ママビズ】モンスター親の真実】暴言、恫喝、脅迫、尾行etc…な

2017/02/12
サブカル

モンスター親の真実】暴言、恫喝、脅迫、尾行etc…なんでもござれの怪物親たち!『モンスターペアレントが集う女性教師の災難』-第2回-

YO150301560I9A0910_TP_V

小島久子 神戸市
25才 小学校教師

クレーム

連日の恫喝電話、つけ狙われる恐怖

私が着任して2ヶ月も経ってくると、クレームはさらに理解しがたいものになってきた。例えば、
・学校にぬいぐるみを持ってきていた児童を注意すると、親から「赤ん坊のときから一緒に寝ていたぬいぐるみだ。何が悪い!」と電話あり。

・自分の子供が風邪でやすんだ、うつした子供も休ませろ

・全クラスの担任はオレが決めるというその筋の父親

・下校途中にケガをしたから、慰謝料を払えという母親

・自分の仕事の日に運動会があるため、日程を変えてほしい祖父
 …などなど。

校長や教頭に相談しても、宥められるだけ。何だか問題を、新人である新任の私に丸投げされているような気がしたが、そうも言っていられない。保護者との信頼関係が築けてないのかもしれない。

私は、なんとか授業参観後の懇談会で仲良くなりたいと意気込み、授業参観の日を迎えた。でも、ざわざわとざわつき、私語が絶えない保護者たち。子どもたちが一生懸命答えていても聞いてすらいない。

そんな中、突然怒号が轟いた。

「コォラァァ~!! オマエのところの子供はアホやけど、ウチは違うんやぞ!!」

「なに、言うてるんじゃ! サルみたいな顔した親子が! 百姓のクセして!!」

何が起こったのか、児童2人の父親同士の保護者がいきなりの取っ組み合い。晴樹くんと竜也くんの父親だ。

「や、やめてください!! お父さん、お2人とも!!」

「こんのクソ教師、どっちの味方なんや!! この農業タレか、土建会社やってるワシか!!」

「は、はぁ…」

「オマエ、今この百姓見たやろ!! わかったわ!! オマエよう憶えとけよ!! 金でも掴まされてるんちゃうか!! ホームに立つときは前に立つなよぉ!!」

怒鳴り散らした晴樹の父は、息子を連れて教室を出て行った。それから調べたのか、連日晴樹の父親から恫喝の電話が昼夜を問わず自宅にかかってくるようになった。

【プルルルル…ガチャ!】

「はい、もしもし」

「こぉんの、クソ教師!! オマエだけは許さへんからなぁ!! 生コン練って行ったるさかい!!」

ひ、ひぃぃぃ!! なんでこんなに恨まれなアカンの!!

「桜木の次はオマエや!!」

前任の桜木先生のことを持ち出す晴樹の父親。ということは、この親父がうつ病にまで追い込んだのか。

それから、学校でも帰り道でもどこかしらからの視線が肌を刺すようになった。疑心暗鬼か、晴樹の父親がつけ狙っているのか、私は恐怖に苛まれた。

脅迫から暴力事件に実際に発展しかねない予感。私は恐れおののき、半月休職した後、学校を辞めた。


私はそれから田舎の生徒数が少ない小学校に移ったが、未だに都会にはマスコミで騒がれたにもかかわらず、相も変わらず無理難題を押し付けてくる自意識過剰なモンスター親たちは後を絶たないそうだ。こんなことから殺人事件に発展…そんなことがないことを祈るばかりです。(完)

取材・文/吉田恵子(ライター)

関連記事

バックナンバー