可愛く頑張るシングルマザーのための情報サイト【ママビズ】【驚愕】旦那の不倫相手は未成年だった!ロリコン旦那に

2016/12/21
恋愛

【驚愕】旦那の不倫相手は未成年だった!ロリコン旦那に制裁!

pak73_panchisareru20140321_tp_v

O県で専業主婦をしている真理さん(仮名)は25歳。
来年から幼稚園に通う3歳の娘と、28歳の旦那さんと幸せに暮らしていました。

ところが、ある時から旦那さんの様子に違和感を感じるようになった真理さん。
お風呂のときもトイレのときもスマホを肌身離さずもっていたり、眠ったあとこっそり起きてスマホをいじっている旦那に浮気の疑念を持ち始めました。

スマホで不倫相手とラインとする夫

そしてある夜、ついに真理さんは旦那さんのスマホを見てしまったのです。
浮気の証拠なんてでてこないでほしい、安心したいだけ。。。そう願いながら見てしまったスマホの中身は真っ黒でした。

「今までずっと信じていました。なので、浮気だなんて考えたこともありませんでした。ましてや、結婚も夫からのアプローチに私が根負けしたような形でしたし・・・。だから、画面を見た瞬間背筋が凍ってスマホを落としそうになりました。」

その日はもうそれ以上見ることができず朝まで眠れぬ夜を過ごしたそうです。

浮気相手が誰かまではわからない

不倫相手とLINEをする夫

その日から怒りと悲しみを抑えつつ隙を見てはLINEをチェックしてみたものの、浮気相手がどこの誰かまではわかりません。

しかし、
「ともこの事泣かせてごめんね」
「最後には絶対にともこを選ぶから」
「卒業したら一緒になろうね」
「もう少しで7ヶ月記念日だね」
などの文面から、相手の女はともこという名前の学生で浮気ではなく8ヶ月間も不倫していたんだということがわかりました。

しかし私の行動に気づいたのか、スマホにロックをかけてしまいました。
勝手に見ている手前なんでロックをかけたの?なんていえるはずもなく、ただ見てしまったラブラブな文面と私と子供への罪悪感は全くないんだなという事実が私を苦しめました。

助けを求めて無料の探偵相談に電話してみた

相談中に泣く女性

不倫が発覚してから中途半端に得た不倫相手の情報の性で妄想ばかりが膨らみ、不安に押しつぶされそうな日々。
旦那が出勤した後は、不安で泣いてしまい、三歳の娘にまで心配をかけて頭をなでられる始末。

このままではダメだ。
再構築するにしても、離婚するにしてもケジメをつけなくては。

しかしどうしていいかわからなかった私は、探偵の無料相談へ電話しました。

電話に出たのは、女性のオペレーター。
かなり緊張していたのでやさしく話しかけられ、泣きながら話してしまいました。
そして、そのあと、担当の探偵さんから電話がありました。

探偵に依頼してみた

決意する女性

担当の探偵さんからかかってきた電話でも、ずっと誰にもいえなかった気持ちをグチ交じりに全部話してしまいました。
探偵さんは、ふんふんと、時々話を整理しながら最後まで聞いてくれ「で、どうしたい?」と。

「結果を見てから決めたい。」私はそう答えました。
再構築するにも、相手の女にはケジメとして慰謝料を請求したいし、離婚するなら旦那には慰謝料と養育費をきっちり払ってもらいたい。
とにかくこのモヤモヤを晴らしたかったんです。自分ではどうしようもないから、結果を見たら自分の気持ちも決められるかなと思っていました。

もし、確実な証拠が得られなかったら料金はいらない(0円)ということもあり、依頼することにしました。
依頼日は、旦那が出張だといっていた日。会社にこっそり確認したらその日は休みだということで、きっと彼女と7ヶ月記念日のお祝いをするのでしょう。

調査報告で離婚を決めた

不倫相手

探偵からの調査報告書が届き、調査報告に目を通しました。

そこには私が想像していたよりもずいぶんと若い女と手をつないで歩く姿、キスをする姿、ホテルへ入っていく姿などの写真が添付されていました。
旦那の不倫相手の“ともこ”は中学生だったのです。これには一瞬頭が真っ白になりました。

そして、離婚を決めました。
まさか自分の結婚した人がロリコンだったなんて・・・。今までの旦那に対する愛情は一瞬にして消え、気持ち悪いという嫌悪感でいっぱいになりました。
娘が大きくなったときに手を出したらどうしよう。そんな事まで考えました。

旦那から慰謝料と養育費を勝ち取った

離婚届

その日の夜旦那へ離婚をつきつけました。
すごくあわてて誤解だとかとか、タダの遊びだとか言ってましたが、証拠を突きつけると泣き出しました。
散々ごねていた旦那ですが、「この写真を親に見せる」というと、おとなしく離婚に応じて慰謝料350万円と月々5万円の養育費で協議離婚できました。

もし証拠がなければ、もし私がともこの事を大学生だと思い込んでいたままだったら・・・こんなにすんなり離婚はできなかったと思います。証拠って本当に大事だなと痛感しました。

不倫相手にもプチ制裁!

お前も悪い!と指差す妻

旦那と不倫していた当時中学3年生だったともこ。旦那とはSNSで知り合い既婚者と知って告白したそうです。
とはいえ、未成年。慰謝料を請求する事はできません。その前に中学生と付き合うなんて犯罪です。離婚するとはいえこっちに火の粉が振りかぶってきたらたまりません。
なので、慰謝料は請求せず証拠写真をつけて「あなたの娘さんとうちの旦那の不倫が原因で離婚しました。未成年なので慰謝料は請求しませんが、きちんと監督してください。」という手紙を送りました。
私の連絡先は記載しなかったのでどうなったかは知りません。

まとめ

探偵を依頼しなければわかることがなかった事実。しかし娘を持つ母親としては実の父親とはいえ、そんな性癖の人を最愛の娘のそばにおいておくことはできなかったのでしょう。
慰謝料は一括でもらい、新しい場所で母子2人でやり直しているそうです。
すんなり離婚に応じてもらえたこと、ほぼ言い値での慰謝料と養育費を勝ち取れたこと、それだけでも「強力な証拠の威力」がわかります。

夫の不倫で苦しんでいる方
真剣を絶対に勝ち取りたい方
不倫相手へ慰謝料を請求したい方
とにかく今の人生を変えたい方

浮気専門の探偵で、解決策の糸口がつかめるかもしれません。

浮気調査専門のイーネ探偵バナー

文:池田菜摘(不倫探偵ライター)

関連記事

バックナンバー